のんきみち日誌

幼稚園図書室での『のんきみち』で、《読み合い》した本の記録を中心に、のんきみちな気分で綴るブログです。

シークレットブック No.1.〜10.

No.1.〜10.

 

のんきみちスタッフが用意した52冊のシークレットブックを一挙公開します!

 

 

写真:絵本の紹介文

※読んだ人の感想

一番最後に、たねあかし!

***********************************

 

 

f:id:easy2going:20180717122031j:image①※水族館・動物園、私はどうしても好きになれません。。。 本来の姿とは違う気がして、、、絵本を読んで、 自然の中にいるのが1番だなと思いました。

※本当の居場所、本当の自分。“自由” とは何かを淡い描写や絵のタッチが、カタチのない見えない“ 自由”を感覚的にしみこませている様でした。

 

 

f:id:easy2going:20180717122047j:image②※ネコという名前からくる先入観で物事をとらえてしまうとダメだな ぁと。もしかしたらちがうかもしれない・・・ というやわらか頭でいたいです。

※ネコなの?ライオンなの?かいじゅうなの?やまなの? そーんなこと、どうだっていいよね!ただ、 私とアナタがあったかかったら。カタチや分類にとらわれない、 そんな心のつながりがいい。

※ネコに育って良かった良かった・・・と思ったら、ネコなのか? という展開がおもしろかったです。

※紹介文の『シュールすぎる』を実感。かなりシュールで謎。 にゃあにゃあ

 

 

f:id:easy2going:20180717122136j:image③※なし

f:id:easy2going:20180717122154j:image④※なし

 

 

 

 

 

f:id:easy2going:20180717122213j:image⑤※広島の原爆で16万人もの人々がなくなりました。 その中で3万人が朝鮮の方々だったということ。 私も知りませんでした。

 

 

 


f:id:easy2going:20180717122231j:image⑥※冬の富士山はこんなふうになってるんだ! と本を見て知ることができました。 遠くからでも見える日本一の山を身近に感じつつも異世界でした!

 


f:id:easy2going:20180717122247j:image⑦※なし

f:id:easy2going:20180717122328j:image⑧※なし

 

 

f:id:easy2going:20180717122344j:image⑨※一枚の写真を見ているようでした。 ずっと家を通して人が出入りしていく。うれしいこと、 かなしいこと、自然の中のこと・・・家が知っていて、 ずっと一緒にいてくれてる。今、 家を継いでいく時代ではないのが、 少し残念な気持ちにもなりました。

 

 

 

f:id:easy2going:20180717122401j:image⑩※なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

た・ね・あ・か・し!!

 

①「ガラスのなかのくじら」作 トロイ・ハウエル&リチャード・ジョーンズ  訳 椎名かおる(あすなろ書房

②「ネコのなまえは」文 枡野浩一  絵 目黒雅也(絵本館)

③「ぼくからみると」文 高木仁三郎  絵 片山健(のら書店)

④「くまのコールテンくん」作 ドン・フリーマン  訳 松岡享子(偕成社

⑤「やくそくのどんぐり」文 大門高子  絵 松永禎郎(新日本出版社

⑥「富士山にのぼる」文・写真 石川直樹教育画劇

⑦「ひとりひとりのやさしさ」文 ジャクリーン・ウッドソン  絵E.B.ルイス  訳さくまゆみこ(BL出版

⑧「月人石」書 乾千恵  文 谷川俊太郎  写真 川島敏生(福音館書店

⑨「百年の家」作 J.パトリック・ルイス  訳 長田弘講談社

⑩「あたし ピーカンちゃん」作 大森裕子教育画劇