のんきみち日誌

幼稚園図書室での『のんきみち』で、《読み合い》した本の記録を中心に、のんきみちな気分で綴るブログです。

📕ブックリスト〜第11回のんきみち〜

f:id:easy2going:20190116132732j:image①いいから いいから

作:長谷川義史

出版社:絵本館

★おじいちゃんのゆるさと、ユニークな内容にほっこりする

☆おじいちゃんの「いいから いいから」のゆるさがほっこりしました。

 


f:id:easy2going:20190116132741j:imageスイミー

作:レオ・レオニ 訳:谷川俊太郎

出版社:好学社

★教科書で読んだ話を、大人になって改めて読んでみよう。

☆読んでもらうことで、 絵のきれいさをじっくり見ることが出来た。 辛い思いをしても勇気とアイディアで新しい世界を見つけることが 出来るという前向きになれる本でした。

 


f:id:easy2going:20190116132748j:image③60秒のきせき 子ネコがつくったピアノ曲

文:レズリア・ニューマン 絵:エイミー・ジューン・ベイツ 訳:小川仁央

出版社:評論社

★タイトルに惹かれて・・・。頭でなく、 感覚で奏でてもいいんだ・・って、 またピアノを弾きたくなるような絵本との出会いでした。

☆絵がドラマチックで、お話と絵が合っている。 差別や社会の流れと、違う立場の者がどう自分を表現するのか?! 芸術の力を感じる。

☆ 子ネコが作った曲をきちんと「曲」と見てくれた社会に安心しました。 絵がとてもキレイでした。

 


f:id:easy2going:20190116132817j:image④おおきなおなべ と ちいさなおなべ

文:二宮由紀子 絵:石倉ヒロユキ

出版社:福音館書店

★2つのなべのやりとりがとても楽しそう。 なんだかんだと言いながら、最後は仲良し。 子どもみたいでほっとしました。

☆2種類のおなべが、自分の良さをアピールし合いながら、 相手を見下しながら(ジョークっぽく)も、 こういうものを作っていくのがおもしろい!!

☆大きいモノと小さいモノ、 比べると良いところ悪いところが見えてくるけど、 それも個性と思うとすばらしい!!

 


f:id:easy2going:20190116132856j:image⑤オルゴールのくるくるちゃん

作:こみねゆら

出版社:講談社

★ オルゴールとお人形の絵がアンティーク調でおもしろそうだと思っ た。

セルロイドのお人形が悲しくて、特性を活かした旅。最後はHA PPYでホッとしました。絵がとてもキレイでした。

☆とってもステキな本でした!!はっとさせられるシーンがあり、 考えさせられました。

 


f:id:easy2going:20190116132907j:image⑥ちくわのわーさん

作:岡田よしたか

出版社:ブロンズ新社

★関西弁をしゃべるちくわさんと、 最後の終わり方がうれしいお料理が出てくる。

☆文章が関西弁になるだけで耳に心地よく、 楽しい気分になります。まさに読み聞かせにピッタリ! 最後におでんになるために帰る場所があること、 仲間がいることが温かかったなぁ。

☆ちくわが語すだけでも笑える楽しい本でした。 ちくわがおうちに帰ったとたん、あったか― い気持ちになりました。

 


f:id:easy2going:20190116132918j:image祇園精舎

絵:山本孝 編:斉藤孝

出版社:ほるぷ出版

★中学生の頃、暗記したけど、どんな内容だっけ? 迫力ある絵もすきです。

☆中学生の時に出会っていたら、 古文のやる気がアップしていたのかもと思いました。 中学生向けにこういった絵本がたくさん出てほしいと思いました。

☆思わず昔の記憶を辿って暗記にチャレンジしてしまいました( 笑)結果は玉砕・・・。でも時間がたっても覚えていて、 耳に心地よく、語り継がれる理由がわかりました。

 


f:id:easy2going:20190116132934j:image⑧見つけてくれる?

作:松田奈那子

出版社:あかね書房

★絵もお話も大好きです。柔らかで伸びやかなタッチの絵と、 鮮やかで生き生きとした自然の絵。 お姉さんになった女の子の気持ちがいじらしい。

☆絵がキレイで心に残るステキなタッチでした。 上の子がお姉さんになったばかりなので、 上の子目線でキュンキュンしました。やさしくしてあげよう。。

☆女の子の「赤ちゃんを抱きたいうれしい気持ち」と「 お姉ちゃんになる寂しい気持ち」が繊細に描かれていて、 母としてなんとも言えない気持ちに・・・。

 


f:id:easy2going:20190116132946j:image⑨ふゆめ がっしょうだん

文:長新太 写真:冨成忠夫、茂木透

出版社:福音館書店

★寒い冬の中、一生懸命春に向かって準備している木の芽に感動! !ゆっくり見つめてみたい。

☆顔が春にどうなるのかすごく気になる! 冬芽を探しに子どもと散歩したくなりました。

☆芽がこんな風になってるとは知りませんでした。かわいかった。 木を探してみたくなります。

 


f:id:easy2going:20190116132958j:image⑩したて屋 リセロット

文:ナディーヌ・ウォルター 絵:カンタン:グレバン 訳:宮本佳枝

出版社:ひさかたチャイルド

★ 作る物がなくなってさびしそうなリロセットをみんなで元気づけて 、どんどん大物に挑戦していく姿が、 今の自分と重なって励まされました。

☆ 依頼されると工夫をしながら気に入ってもらえるように作るリセッ トに感動!

☆豊かな色と、それぞれの動物にピッタリの服に満足感の得られる 1冊!リロセットの表情がかわいい。

 


f:id:easy2going:20190116133028j:image⑪かしの木の子もりうた

原作:ロバート・マンチ 文:細谷亮太 絵:いせひでこ

出版社:岩崎書店

★ 年齢が上がっていくにつれて子どもは大きく変わっていくけれど、 お母さんは変わらないところがいいな・・・と思いました。

☆今日は泣くまいと思って来たのに、泣かされました。 初心にかえりたい時に読むといいかな。

☆しっとりステキな絵本。読んでもらうとまた心にグッと来ます。

 

1がつ10にち くもり

f:id:easy2going:20190116162925j:image2019年が始まりましたね。先週のんきみちが開かれました。この日は朝の冷え込みが特に厳しかったのですが、北風吹く中、沢山の方が集まって下さいました*

 

図書室に入ると、ほわわん〜と温かい空気に包まれ、ふわっと甘酒の香りが*

スタッフのけいちゃんが甘酒を振舞ってくれました〜

 

 

f:id:easy2going:20190116162935j:image始まりはのんきみちの紹介をちょこっとお話*

 

 

f:id:easy2going:20190117161146j:imageそれから、みんなでリレー読み*今回は『ネコリンピック』(ますだみり 作  ひらさわいっぺい 絵)

ネコたちのゆる〜く、自由な発想のオリンピックを1ページごとに読み回していきます。そういえばもう来年は東京オリンピック

 

 

f:id:easy2going:20190116163624j:imageお茶やお菓子で一息入れたら、本選び…古木先生が声を出して笑いながら絵本を開く姿が可愛らしくてパシャリッ📷


f:id:easy2going:20190116163617j:image小さい子供達も、他のママが読んでくれる絵本に耳を傾けています…愛らしい光景*

 


f:id:easy2going:20190116163222j:image窓際の席もあります〜新しい絵本を知ると同時に、人の感性にも触れられる豊かな時間…

 


f:id:easy2going:20190116163218j:image選んだ本を持って、3人チーム毎にお集まり*

一つ一つの絵本の世界について、みんなであーでもない、こーでもないと話したり、その感覚を共有していきます

うまく読もう、とかうまい感想を言わなきゃ❕とかそういうものは、のんきみちには必要ありません〜🍵

 


f:id:easy2going:20190116163343j:image読み合いの後は、午後開催の絵本カルタ❕

表紙を上にしてそのまま並べ、リーダーまりちゃんが絵本の中身を詠んで、さぁ、バトル開始です*


f:id:easy2going:20190116163150j:image古木先生がいった‼︎‼︎

 


f:id:easy2going:20190116163226j:image別アングルです*必死だけど、取るときは品があり、絵本を大切に扱っているお姿でした…

 

f:id:easy2going:20190118111135j:imageバチコーン❕と私は叩いてました笑

 

f:id:easy2going:20190116163200j:imageみんな普段見せない勢いや勝負強さがあって、面白い🤣

 


f:id:easy2going:20190116163204j:image伸びる手‼︎手‼︎手‼︎🤚

 


f:id:easy2going:20190118111346j:image子供も真剣❕今回は新年ということもあり、昔話や日本のお話絵本を厳選‼︎タイトルは知っていても、話は初めて知るようなものもあり、奥深い企画でした〜


f:id:easy2going:20190116163156j:image小さな赤ちゃん👶もみんなで見守ります*ママが絵本を1人で選ぶささやかな時間も、のんきみちでは優しく流れていきます

 

 

次回は2月14日に開催予定です*

まだまだ寒い日が続きますね…

暖かい神明図書室でまったり絵本時間を過ごしに来てください*

次回のんきみちは1月10日です

f:id:easy2going:20181229003006j:image

次回も2部制で開催します!

いつもの読み合いの後、午後は絵本をそのまま使った絵本カルタ合戦!

腕まくりして、新年の運試しを是非ご一緒に*

 

午前の読み合いに参加ご希望の方は、お菓子の用意🍪のため、1/8までにご連絡頂けると助かります。

午後のカルタ大会は、申し込み不要、出入り自由で、お昼ご飯も持ち込んで頂いて大丈夫ですので、

お迎え前のひと時、図書室で賑やかに穏やかに過ごしましょ〜

 

お待ちしています〜*

📘ブックリスト~第10回のんきみち~

はじめに。。。

★本を選んだ人のおすすめポイント

☆読んでもらった人の感想

 

○絵本表紙写真の掲載使用は

        各出版社に問い合わせて許可を頂いてます

*************************

 

 


f:id:easy2going:20181228233344j:image①チュンチェ ~中国のおしょうがつ~

文:ユイ・リーチョン

絵:チュ・チョンリャン

訳:中 由美子

出版社:光村教育図書

 


★作者が中国の方だということで、 中国の少し昔の暖かな家庭の温度(ぬくもり) がにじみ出ている絵本。


☆食べ物にコインを入れる風習にビックリしました! 外国の知らない文化を知ることができました。


☆中国の春節はTVやニュースで観ますが、 子どもの目線からのお話はまた心に残りますね。

 

 

 

f:id:easy2going:20181228011652j:image②モチモチの木

作:斉藤 隆介

絵:滝平 二郎

出版社:岩崎書店

 


★20数年前の国語の教科書に載っていた作品。 じさまの優しい語り口が最高!

 


☆切り絵とお話がマッチしていて心に響き、 大人になって読んでみるとまた味わいがでますネ。

 


☆改めて見ると、 やはり存在感のある一生に一度は出会うべき絵本だと感じました。

 

 

 

f:id:easy2going:20181228233516j:image③かぞえうたのほん

作:岸田 衿子

絵:スズキ コージ

出版社:福音館書店

 


★思わず笑っちゃう楽しいかぞえうた!

 


☆いくつか覚えて子どもたちに教えてあげたい。 へんなひとのかぞえうたがオススメ!

 


☆表紙と中身がぜんぜん違う!中身がギュッとつまってる! おもしろい!

 

 

 

f:id:easy2going:20181228233405j:image④いもさいばん

文:きむら ゆういち

絵:たじま ゆきひこ

出版社:講談社

 


★いもをめぐって、どろぼうがだれか?の話し合い。 読みながらいろいろと考えさせられました。

 


☆孫とのやりとりを笑った前半。そこから様々な動物が加わって、 最後は問題提起されるような、 読後話し合いたくなるような絵本でした。 田島さんの絵が力強くて土くさいところがいい!

 


☆迫力満点の絵と、 どんどん引き込まれて考えさせられる人間と自然の関係。 子どもたちへの読み聞かせに使ってみたくなりました。

 

 

 

f:id:easy2going:20181228233703j:image⑤よあけ

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ

訳:瀬田 貞二

出版社:福音館書店

 


★よあけの時間に近づくにつれ変化していく美しい色の世界。 読後、心が静かになります。

 


☆ 最後に朝日が昇るところで色がサーッと鮮やかになるところが印象 的。見たことのある景色が思い出されました。

 


☆夜があけるまでの様子を丁寧なイラストで、 じーっと見つめました。ふと、昔を思い出しました。 最後の朝日のあざやかさにうっとり。

 

 

 

f:id:easy2going:20181228233521j:image⑥ゆきのひ

作・絵:エズラ・ジャック・キーツ

訳:木島 始

出版社:偕成社

 


★雪が降るとワクワクする子ども心が、 シンプルだけど鮮やかな絵と共に胸にせまってきます。

 


☆雪に興奮する子どもの様子が、 思わずあるあると頷いて楽しめました。絵がとてもキレイなのも、 雪の寒さを忘れさせてくれそう。

 


☆青空の青、地面の雪の白を背景に、 引き立つ色の絵が目を楽しませてくれました。 ピーターの雪の一日に自分の童心を思い返します。

 

12がつ14にち 晴れ 午後の部

f:id:easy2going:20181229001808j:imageママのためのおはなし会 第2弾!

はじまりはじまり~

 


f:id:easy2going:20181228232921j:image今回のテーマは「おくりもの」

心に響く「おくりもの」 になるようなメッセージが込められた絵本を選んでみました。

 

 

f:id:easy2going:20181229001834j:image
聞き手のみなさんに1冊ずつテーマを選んでもらって・・・

とにかく一生懸命読みます!

f:id:easy2going:20181229001901j:imagef:id:easy2going:20181229001916j:image

f:id:easy2going:20181229001929j:image

 



 


f:id:easy2going:20181229001946j:image大人だからこその味わいや感想をポツポツと話したり、

普段、考えないような原点を思い返したりする時間になりました。

 

 

 

~今回読んだ絵本紹介~

 


f:id:easy2going:20181228233203j:imageテーマ:植物がくれた時間

『にちようびのばら』作:松成真理子(白泉社

・・・仕事で忙しく、余裕のない気持ちでいるサンディーさんに、 バラが優しく語りかけます。

 


f:id:easy2going:20181228233220j:imageテーマ:ほほえみ

『幼い子は微笑む』詩:長田弘 絵:いせひでこ講談社

・・・人生を深く問いかける詩と、 絵で表現された世界観をじっくり味わって。

 


f:id:easy2going:20181228233240j:imageテーマ:ファンタジーと生命力

『くるみのなかには』作:たかおゆうこ(講談社

・・・見えない中身への空想を膨らませて、自由に旅をし、 最後はちゃんと根を下ろします。

 


f:id:easy2going:20181228233307j:imageテーマ:ママのためのサンタさん

『ふくびき』作:くすのきしげのり 絵:狩野富貴子(小学館

・・・関西弁で綴られる子どもの思いやりや葛藤。いじらしくて、 抱きしめたくなっちゃいます。

 

12がつ14にち 晴れ 午前の部


おかげさまで、今月で「のんきみち」は1歳のお誕生日を迎えました。f:id:easy2going:20181228234559j:image

 

北風が落ち葉を散らす1日でしたが、図書室は木漏れ日ポカポカ*

f:id:easy2going:20181228234140j:image

 


f:id:easy2going:20181229000114j:imagef:id:easy2going:20181229000137j:image最初は、恒例のリレー読み。

今回はしっとりと、詩の輪読をしました。

「今日」訳:伊藤比呂美 画:下田昌克福音館書店

ニュージーランド子育て支援センターに貼られていた、 詠み人知らずのママを応援する詩です。

それぞれの声に乗せて読むと、 子育ての味方が何だかいっぱいいるようで心強くなっちゃいます。f:id:easy2going:20181229000155j:image

 

 

f:id:easy2going:20181229000332j:image


f:id:easy2going:20181229000303j:imageグーパーで3人組を決めて・・・

 



 


f:id:easy2going:20181229000404j:imageじっくり絵本選び。

静かでゆったりとした時間。

f:id:easy2going:20181229000413j:image

f:id:easy2going:20181229000426j:image

 

 

絵本を選んだら、3人組で読み合い。
f:id:easy2going:20181229000442j:image

 

f:id:easy2going:20181229000457j:image初めての試みだったのだけど、豊かでいい感じ*

f:id:easy2going:20181229000713j:image

 

 


f:id:easy2going:20181229000559j:image最後はみんなで古木先生の『かぞえうたのほん』作:岸田衿子 絵:スズキコージ福音館書店)に没頭。

古木先生から、おほしさま文庫の由来をお聞きしたり、 わらべうたを教えてもらったりしました。

 


f:id:easy2going:20181228232234j:imagef:id:easy2going:20181228232244j:imagef:id:easy2going:20181228232318j:image

 


次回は年明け1月10日の開催です。

来年もよろしくね!

f:id:easy2going:20181228234153j:image

シークレットブック その3

凡例

①こんな人にお勧めしたい

②読後の気持ち

③絵本を一言であらわすと・・・

④書名・著者・出版社名

※感想

 

 

📘けいちゃんの6冊

 

<43>

①寒い日にあたたかい部屋で好きな飲みものを飲みながら過ごす・・・そんな大人時間のお供にオススメ

②じんわり ほっこり

③白い息 あしあと

④「ふゆ」作・こうのあおい(アノニマスタジオ)

 

※真っ白な雪に足跡のお絵かき・・・。子どものロマンが詰まったシンプルな1冊。

 

<44>

①クリスマス その日を待つ子供心を思い出したいあなたへ

②あたたかい だいすき しんぱいない

③くま おふとん

④「よるくま クリスマスまえのよる」作・酒井駒子白泉社

 

※「ママにおこられた」=「わるい子」と考えてしまうぼくが切ないけど、大事にされていることを思い出させてもらえてホッとした。おばあちゃんになったらまた読みたいな。

 

<45>

①会えなくなった人にどうしても伝えたい想いがある人へ

②涙のあとにありがとう

③電話

④「かぜのでんわ」作・いもとようこ金の星社

 

※生死の別れは待ってはくれないけれど、心のつながりは残ると信じたい。生々しい感情が蘇ってきます。

 

※1回目読んで、ふーんと思って、最後の「風の電話」の解説を読んでやっと趣旨がわかった。2回目読んだら、それぞれの言葉が重みを増した気がして・・・。3回目読んだら泣くと思う。

 

<46>

①広い世界を旅してみたい人へ

②誰かから「もらい」それをまた誰かに「渡す」ただそのことの幸せ

③メッセージ リレー

④「こびん」作・松田奈那子(風濤社

 

<47>

ドールハウスを見ると思わずワクワクしちゃうあなたへ

②好きなものをとことん追求した情熱と憧れ

③ねずみ 生活

④「マウスマンション サムとユリア」作・カリーナ・スカープマン 訳・ないとうりえこ(株式会社KADOKAWAメディアファクトリー

 

<48>

①芸術の秋 画家になった気分で自由に絵を描きたい人へ

②自由に表現する喜び・愉しさ

③色

④「えをかくかくかく」作・エリックカール 訳・アーサー・ビナード偕成社

 

※全身絵具まみれになって、思うままに色と遊んでみたくなりました。

 

 

📙めぇちゃんの4冊

 

 

<49>

①子供心を忘れない大人でいたい人へ

②神明のママなら、こんなママになってみたい!とおもうかも

③おとなだって楽しんでいい!!

④「どろんこおそうじ」作・さとうわきこ(福音館書店

 

<50>

①来年は亥年亥年の人、まわりに亥年がいる人へ

亥年の人は、「そうそう、そういうとこある!!」と共感できるかも・・・

③人ってほんと、一人一人ちがうよねぇ・・・

④「しっかりはしれば」作・五味太郎(クレヨンハウス)

 

※一度走り出したら止まれない。あれ?私のことかな・・・亥年です。

 

※旦那に充てて読んでみたら面白かった!!

 

<51>

①絵本の世界の登場人物の一人になってみたい人へ

②最後のページを読むと、「テヘヘ・・・」と思う人がいるかも。

③あなたは読み返すことなく、この謎が解けるか!?<参加型絵本>

④「きみはしっている」作・五味太郎岩崎書店

 

※まんまとひっかかっちゃいました。テヘへ。子どもと一緒に是非読んでみたいです。

 

<52>

①外国語・外国の文化に興味がある人へ

②気になるページを読んでいくだけで、妄想したり、青春時代を思い返したり、心がざわざわするかも・・・

③世界は素敵な言葉であふれてる!

④「翻訳できない世界のことば」作・エラ・フランシス・サンダース 訳・前田まゆみ(創元社

 

📘りえちゃんの3冊

 

<53>

①ゆっくりとした時の流れを感じたい方へ…

②心に春が訪れます。

③そのままの姿を愛でられ、見守られると、幸せでいられるんだなぁ

④「ちいさな はくさい」くどうなおこ作  ほてはまたかし絵(小峰書店

 

※植物だってきっと生まれたときは赤ちゃんで、柿の木ほどになるとおじいちゃんになるんだなぁ・・・と新鮮でした。

 

※大きくなりたくて体操をする白菜の気持ちがいじらしい・・・。トラックに乗っていくと結局食べられてしまうから、畑に残っていた方が幸せでよかったよねと思うけど、野菜としては食べられた方が幸せなのかしら。柿の木のようにどっしり構えていたいものです。

 

<54>

①パソコン・スマホ疲れの取れないあなたへ…

②美しい絵と詩のようなお話で、ショートトリップ‼

③見上げれば、誰もが出会える巨大スクリーンのお話。

④「ほしにむすばれて」  谷川俊太郎 文     えびなみつる 絵(文研出版)

 

<55>

①自分の子育てに何かスパイスの欲しい方へ…

②ひいおばあちゃんからアドバイスをもらっている感じになります

③昔の暮らしから学ぶ、今を見つめる大切なこと

④「子育て、よかったこと、残したいもの」絵・文  鮫島純子  (小学館

 

※便利になった現代で、毎日忙しいと言っている私は何なのだろうと考えさせられました。

 

📗みゆきちゃんの3冊

 

<56>

①泣きたい人に。母なら絶対泣いてしまうハズ

②優しい気持ち まだ死んじゃいけない がんばろうという気になる

③ママ ぼく おばけ

④「ママがおばけになっちゃった!」作・のぶみ(講談社

 

<57>

①友人との付き合い方に悩む人へ

②切ない 本当の友情とは何か考えさせられる

③おに ともだち

④「ないたあかおに」文・はまだひろすけ 絵・いけだたつお(偕成社

 

<58>

①子どもの変色に悩む人に

②スカッとする インパクトのある絵で、絵をしっかり見ながら読み返したくなる

③小学生 給食

④「給食番長」作・よしながこうたく(好学社)

 

📕あっちゃんの3冊

 

<59>

①ふつうの絵本じゃ物足りない人へ・・・

②野菜の気持ちになれる

③戦いじゃー!

④「お野菜戦争」作・デハラユキノリ(長崎出版)

 

※シュール・・・深刻なのか、ギャグなのか・・・宇宙をかけたお野菜戦争にだんだん引き込まれて・・読み終わると達成感!!

 

<60>

①幸せって何だろう?そんな疑問を持ったことありませんか?

②人にやさしい気持ちになれる

③世界観にすいこまれるぅぅぅー!

④「はっぴぃさん」作・荒井良二偕成社

 

※おおらかで明るい絵とふんわりしたお話で、ゆっくりした時間が過ごせました。誰かに読んでもらいたい!声に乗せて味わってみたいと思いました。

 

<61>

①新しい3びきシリーズが出ました!

②ドキドキ・ハラハラ 最後はホッとする

③おおかみかわいい

④「3びきのかわいいオオカミ」作・ユージーン・トリビザス 絵・ヘレン・オクセンバリー 訳・こだまともこ(冨山房