のんきみち日誌

幼稚園図書室での『のんきみち』で、《読み合い》した本の記録を中心に、のんきみちな気分で綴るブログです。

📗ブックリスト〜第13回のんきみち〜

f:id:easy2going:20190321155051j:image①はるかぜ とぷう

作:小野かおる

出版社:福音館書店

★春風がけんかをすると、うずまきが頭の後ろについてしまうの… という、何ともかわいい発想がステキです。

☆春の風に愛着がわくお話で、 花粉症の子どもに読んであげたくなりました。

☆この季節にピッタリの本で、とてもかわいかったです。 子どもと“とぷう”を感じたいと思いました。

 


f:id:easy2going:20190321155113j:image②だんまり こおろぎ

作:エリック・カール 訳:工藤直子

出版社:偕成社

★図書ボラをしていて、子どもたちがおススメしてくれました。

☆お話の最後に本物の音?が聞こえて来てびっくり。 楽しいしかけの本でした。

☆まさか最後にしかけがあるとは思わず、音が出てびっくり! 楽しかったです。

 


f:id:easy2going:20190321155610j:image③でんしゃはうたう

文:三宮麻由子 絵:みねおみつ

出版社:福音館書店

★「がたんごとん」ではない電車の音が、 聞くと本当にそう歌っているように聞こえるのがおもしろい。

☆ 耳だけで電車の音がここまで表現されているのにビックリしました 。

☆自分で黙読するより、 他の人に読んでもらうと電車の音がリアルに聞こえてきました。

 


f:id:easy2going:20190321155150j:image④おいしいおと

文:三宮麻由子 絵:ふくしまあきえ

出版社:福音館書店

★耳が聞こえない三宮麻由子さんの文で味わう食べ物の音、 おいしそう!

☆絵本なのに、あえて目をつぶって音を聞いてみました。 香りや味がそこにあるような感覚を味わいました。

☆やさしい絵とおもしろい音!!思わずいっしょにモグモグモグ・ ・・。

 


f:id:easy2going:20190321155219j:image⑤とべバッタ

作:田島征三

出版社:偕成社

★石のてっぺんにいると狙われてしまうのに、どうしてそこに? そして、そこからどうなっていくのか、 引きつけられるところがおすすめ!!

☆熱いハートを感じた。絵と話が合っている!

☆なんか…こう…今ふさがった気分、 閉塞感を感じている人に読んでほしい。 バッタと共にバーンて飛べる気持ちになる。

 


f:id:easy2going:20190321155237j:image⑥オオカミがとぶひ

作:ミロコマチコ

出版社:イースト・プレス

★ミロコさんの絵が大好き!ダイナミックな動物の絵と、 ストーリーの伸びやかさを感じてほしい。

☆自然現象や生活が動物とつながっていておもしろい!! 風が強い日はオオカミを思い出しそう!!

☆とてもおしゃれなセンスを感じる。 こういう感覚を子どもたちにも味わってほしい。

 


f:id:easy2going:20190321155256j:image⑦そらはさくらいろ

作:村上康成

出版社:ひかりのくに

★無心に桜の舞う空を見上げる時の心の豊かさを、 自分だけでなくいろんな生物と、 空さえも一緒に味わう所におもしろさを感じました。

☆桜はやっぱり気持ちが明るくなるもの。 水色の空に舞う桜の様子はきれいで、 一緒に眺めているような気持ちになりました。

☆女の子の視点で物語が進んでいく前半、 後半は登場した動物たちと一緒に見上げる桜色の空。 絵本の中に春の風を感じます。 紹介してくれてありがとうございました。

 


f:id:easy2going:20190321155317p:image⑧だいじょうぶだいじょうぶ

作:いとうひろし

出版社:講談社

★「大丈夫、大丈夫」の言葉に読み手も包みこまれる。 大人が読むと心が揺さぶられる。

☆心に響いてくる「大丈夫、大丈夫」の方法。 安心できることがどれだけ大切な事なのか… ついイライラしがちな生活の中でも魔法の言葉で包んであげたいと 思いました。 ステキな絵本を紹介してくれてありがとうございます。

☆家族の「大丈夫、大丈夫」 の一言が子どもに与える安心感は計り知れないものがあると実感し ました。子どもの世界を広げること、 そして広げた先で安心できるよう「大丈夫」 の言葉で受け止めてあげなければ、と思いました。

 


f:id:easy2going:20190321155337j:image⑨ブタノくんのほしみがき

文:小沢正 絵:西川おさむ

出版社:にっけん教育出版社

★大学を出たけど仕事が見つからないブタノくん。 仕事を見つけてやりがいを見出している姿、 心ない一言で悩まされてしまうも、 自分の仕事に自信を持つところがすてきです。

☆他人の想いでなく大事なのは自分のやりたい仕事かどうか。「 星磨き」という子どももワクワクする仕事を通して、 子どもに仕事について伝えるきっかけになる本だと思いました。

☆小さい子でも「自分が一番やりたいことは何かな?」 と自分と向き合うことの大切さを伝えるきっかけになる1冊と感じ ました。

 


f:id:easy2going:20190321155357j:image⑩馬の耳に念仏

絵:はたこうしろう 編:齊藤孝

出版社:ほるぷ出版

★ことわざを楽しく、正しく使う方法がもりだくさん!

☆普段の会話では聞けないことわざが、面白く描かれていて、 面白い一冊でした!

☆子どもと一緒に読んで、 普段から親子で使えるようになりたいな~と思いました。 おばけたちの存在感も、いいですね!

 


f:id:easy2going:20190321155420p:image⑪あおくんときいろちゃん

作:レオ・レオニ 訳:藤田圭雄

出版社:至光社

★ただの丸なのに、目や口があって生きているような…。 絵に注目して読んでもらうのにピッタリな本かな?と思い、 選んでみました。

☆いろんな色の丸が、動きだけでなく色の変化もあり、 頭の中で考えながら楽しく読めました。

☆ページが進むごとに丸たちが生命感をもって見えてきて…。 子どもに戻って絵の世界に入り込めました。

 


f:id:easy2going:20190321155440j:image⑫たいせつなこと

文:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:レナード・ワイスガード

出版社:フレーベル館

★日々の身の回りの事象を淡々と見つめる視点が、 心地よく読めました。

☆自分の存在が肯定される感覚がとても心地よかったです。

☆大切なものは何か?を考えるきっかけになりました。

 


f:id:easy2going:20190321155509j:image⑬どうなっちゃうの

作・絵:フェーベ・シッラーニ 文:高原典子

出版社:学研ワールド絵本

(既に休刊しており、バックナンバーもない為、手に入らないとの事です)

 

☆息子くんが選んだ本が、 ママが選んだものと共通しているところがあって、驚きました。

☆色がとてもキレイでした。 大切なことを考えさせてもらいました。

 


f:id:easy2going:20190321155528j:image⑭おかあさん

文:シャーロット・ゾロトウ 絵:アニタ・ローベル

出版社:童話屋

★私が生まれる前のお母さんってどんなだったか… 子どもならきっと誰でもちょっと気になるハズ!!

☆自分の写真を子どもに見せたら…と考えると、 絵本がちょうどいいな(笑)って思った。

 


f:id:easy2going:20190321155549j:image⑮るすばん

作:さとうわきこ

出版社:福音館書店

★たくましく、強い!!

☆おばけの空想がおもしろい!!帰ってきたママに、 子どもが言い返すところが好きです。

 

 

 

3がつ14にち はれ

f:id:easy2going:20190321164506j:image

少しずつ日が長くなり、春の訪れを感じる季節…ですが朝晩はまだ寒く、4月に入っても冬の陽気が続きますね。

 

f:id:easy2going:20190403103745j:image さてさて、ブログ更新がとっても遅れてしまいすみません…

3月ののんきみちは、小さなお子様もたくさん来てくださり、

絵本作家のみなっちからのお話&プレゼント大会もあって、大いに盛り上がりました❕



f:id:easy2going:20190321164719j:imageスタートはいつものリレー読み🏃‍♂️

f:id:easy2going:20190321164525j:image
f:id:easy2going:20190321164543j:image『月人石 』

書:乾 千恵 文:谷川 俊太郎  写真:川島 敏生  出版社:福音館書店

 

 


f:id:easy2going:20190321164451j:image読み合う絵本を探す時間…

 

f:id:easy2going:20190403104746j:imageお茶を飲みながら、花粉症の話で盛り上がったり

 

f:id:easy2going:20190321164735j:image
f:id:easy2going:20190321164531j:image
f:id:easy2going:20190321164714j:imageじっくり1人で選んだり、みんなで選んだり…


f:id:easy2going:20190321164725j:image子供達はオモチャで遊んでくれていて、今日ものんびり〜な空間です

 


f:id:easy2going:20190403105236j:imageほどなくして、読み合いタイム


f:id:easy2going:20190321164537j:imageお子さまも真剣に聞き入ってます


f:id:easy2going:20190321164708j:imagef:id:easy2going:20190321164549j:imagef:id:easy2going:20190321164731j:image
f:id:easy2going:20190321164518j:image

 

 

読み合いの後は〜

絵本作家で神明ママの、かじりみな子さんによる、

新作絵本の読み聞かせのはじまりはじまり〜✳︎

f:id:easy2going:20190321164640j:imagef:id:easy2going:20190321164422j:image
f:id:easy2going:20190321164651j:imageみなっちに質問タイム〜♪


f:id:easy2going:20190321164602j:image絵本作家をどう目指したのか、自宅での絵本製作はどんな風にやってるの?ラビッタちゃん家族への想い…など。ひとつひとつ丁寧に応えて下さりました。


f:id:easy2going:20190321164703j:image飾らないみなっちの言葉はどれもピュアで、だからこそ彼女の絵本には、頭でなく心で感動するんだろうなぁ〜とお話を聞きながら感じました


f:id:easy2going:20190321164556j:image最後に、みなっちから、ステキなプレゼント🎁


f:id:easy2going:20190321164634j:imageじゃんけん大会開催✌️この臨場感溢れる写真でお分りのように、大人がじゃんけんでこれほど熱くなるのはなかなか楽しい瞬間🌟


f:id:easy2going:20190321164501j:image見事、最後まで勝ち進んだ方はサイン入りの新作絵本をゲットしました❕みなっち、ステキな時間をありがとうございました😊

 


f:id:easy2going:20190321164624j:image今年度も、全10回楽しく活動させて頂きました。リピーターの方のみらず、チラシを見て来てくれた新しい方も増え、本当に嬉しい限りです。

来年度は5月からの予定です。

これからも、皆さんにとって温かく居心地のいい、‘のんきみち’な場所であり続けたいと思っています。 

遊びに来てね〜✳︎

次回のんきみちは3月14日です

いよいよ3月…

卒園、卒業シーズンに涙…

スギ花粉に、これまた涙…

涙する嵐の季節が到来しましたね💦

 

3月ののんきみちは、14日ホワイトデーの開催予定です。 みなっちの新作「わかくさのおかで」の発売日でもあるので、 新作の紹介をしてもらいたいなぁと思っています❣️

 

f:id:easy2going:20190227102915p:image

普段の読み合いも時間の許す限りゆるりと行います🍵

 

是非この機会に、普段なかなかお目にかかれない絵本作家さんとその世界に触れにきて下さい🍄

 


最後に、絵本作家みなっちの原画展のご案内です
🌼3月21日〜31日🌷
滝山ブックセンターのとなりで、かじりみな子絵本原画展
https://m.facebook.com/ midoriyabc/photos/gm. 598364860612155/ 412873382814522/?type=3& source=44


ラビッタちゃんのファンの方、みなっちのファンの方、 待望の原画展、楽しみですねー🌼

 

3月14日、今年度最後ののんきみちに是非お越しください🍀

 

📘ブックリスト〜第12回のんきみち〜📚

f:id:easy2going:20190221170158j:image①ぼく、おかあさんのこと・・・

作:酒井駒子

出版社:文渓堂

★男子のツンデレな感じがかわいいです。

☆“ぼく”が自分の子どもに見えて、思わず“かわいい” と思いました。このストーリーの間もいいですね。

☆絵もすてき。やっぱり私も自分の子に見えて愛着が湧きました。 息子に読んであげたらどんな反応をするんだろう?

 


f:id:easy2going:20190221170219j:image②三びきのこぶた

作:イギリス昔話 絵:山田三郎 訳:瀬田貞二

出版社:福音館書店

★図書館で借りて、いつもと少しだけ違うストーリーにびっくり! ?

☆お兄さん2人は結局亡くなっている・・・。 末っ子はオオカミをだましまくっている・・・。 いつもと違う三びきのこぶたがおもしろかったです。

☆知ってるお話のはずなのに全然ちがう! 次の展開が気になります。文章がシュール。

 


f:id:easy2going:20190221170303j:image③ゆき

作・絵:ユリ・シュルビッツ 訳:さくまゆみこ

出版社:あすなろ書房

★ゆきの降る前のあの感じと、 積もった後のあの気持ちが絵から伝わります。

☆街並みがまさに雪が降る前の色合い。 喜ぶ子どもと現実的な大人のかけあいがクスッとなりました。

☆先週雪が降っているときの風景を思い出しました。 雪が積もらなかったが、積もったらこんな感じだったろうな~ と思いました。

 


f:id:easy2going:20190221170320j:image④中をそうぞうしてみよ

作:佐藤雅彦+ユーフラテス

出版社:福音館書店

★大人は見てすぐわかった気になっちゃうが、 あーでもないこうでもないと想像する遊びこそ、 人生を豊かにすることなんだなぁ。

☆大人でもおもしろかったです。 小学校の算数や理科にスムーズに入っていけそうだなと思いました 。

☆想像してみることって楽しいなと思いました。

 


f:id:easy2going:20190221170338j:image⑤おおきなおおきなおいも

原案:市村久子 作・絵:赤羽末吉

出版社:福音館書店

★自由。遊び心。神明幼稚園から離れてしまうと気づく、 それは人生の中で宝物のような時間、場所。

 


f:id:easy2going:20190221170354j:imageすてきな三にんぐみ

作・絵:トミー・アンゲラー 訳:今江祥智

出版社:偕成社

★暗くて冷たい雰囲気の始まりから、 終わりに向けて心があたたかくなっていくすてきなお話。

☆初めの目的が、ティファニーちゃんに会って変わって来て、 幸せを見つけていく人生、ステキです。

☆全編通して闇に包まれたダークな世界観、 一変してお話はユーモアと三人組の心のあたたかさに幸せな気持ち になる。

 


f:id:easy2going:20190221170414j:image⑦ねぇ、どれがいい?

作:ジョンバーニンガム 訳:松川真弓

出版社:評論社

★思いつかないことを考えられるってステキ♡

☆子どもと一緒になって選びながら読んだことを思い出します。「 正解」じゃなくて「選ぶ」ことが大切。

☆想像することの大切さ、 人の気持ちも想像できる子になってほしいので、 子どもに読んであげたいと思いました。

 


f:id:easy2going:20190221170431j:image⑧またまた ねぇ、どれがいい?

作:ジョンバーニンガム 訳:松川真弓

出版社:評論社

★おもしろい!

☆おもしろすぎて、しゃべり倒しちゃいました!! 子どもも大人もオススメ。

 


f:id:easy2going:20190221170448j:image⑨がまばあさん

文・絵:マットかずこ

出版社:ハッピーオウル社

★「いじわる」とよく娘に言われるので、 気になって選んでみました。

☆もっともっといじわるでいてほしい気もしました。「 ありがとう」 っていじわるもなくなるぐらいの力があると信じたいですね!

2がつ14にち 晴れ

f:id:easy2going:20190221170901j:imageじんじんと寒さのしみる2月ですが、 お日様もがんばって照っています。

2月ののんきみちは、バレンタインデー!

図書室では、お茶うけに、 北海道みやげのチョコなどを頂きながら、 おしゃべりに花が咲きました。

 

 

f:id:easy2going:20190221171101j:image
フリートークの時間には、それぞれのお子さんの話に加えて、 幅広い話題も・・・。

 

★「ヤングアメリカンズ」( アメリカの若者と日本の子どもたちで歌や踊りのショーを作り上げ るワークショップ)を見てきた人の興奮冷めやらぬお話。 国境を越えて文化を結ぶっていいよね。

 


★神明幼稚園に12月にやってきた「絵本キャラバンカー」 にどーんと描かれていた「もったいないばあさん」。 この作者の真珠まりこさんが、 キャラを作るときの意外な手法とは!?

 


★2019年に入ってご逝去された絵本作家、ジョン・ バーニンガムさん(82歳)、トミー・ウンゲラーさん(87歳) の作品紹介。戦争の時代を生き抜き、 子どもに手渡されてきた絵本が伝えるメッセージとは!?

f:id:easy2going:20190221171232j:image

 

 

さて、幼稚園では劇の会も終わり、学年末が近づいてきました。

リレー読みでは、「おおきくなるっていうことは」(作: 中川ひろたか 絵:村上康成 出版社:童心社)を読んで、1年の成長をふりかえり、 ちょっとしみじみ・・。

f:id:easy2going:20190221171402j:imagef:id:easy2going:20190221171809j:image

 


赤ちゃんもくいつきます!

f:id:easy2going:20190221171443j:image

 

 

 

 


絵本の読みあいは、ちょうど話が盛り上がりやすい3人組を採用中 !

じゅんちゃん作のおみくじでグループを決めます。

f:id:easy2going:20190221220859j:image

 


脱力系のおみくじです!f:id:easy2going:20190221171647j:image

 

 

f:id:easy2going:20190221175554j:imagef:id:easy2going:20190221175720j:image

自由に読書やお茶タイム、おしゃべりの時間・・・

f:id:easy2going:20190221175501j:image

 

 

今回は、先ほど紹介したジョンバーニンガムさんやトミー・ ウンゲラーさんの絵本や、劇の会で子どもが演じた昔話の本、 その他にもバラエティー豊かな絵本を楽しみました。

f:id:easy2going:20190221220604j:image

 


あ~しゃべりすぎて、笑いすぎて、何だかスッキリです。f:id:easy2going:20190221220917j:image

 

 

 

f:id:easy2going:20190221175909j:image次回は、ホワイトデー!3月14日にひらきます。

今年度ラストの開催、お待ちしています。

 

次回のんきみちは2月14日です

f:id:easy2going:20190129110620j:image

 

しんめい幼稚園にも、北風小僧の寒太郎がやってきて冷たい風がぴゅーぴゅー吹いていますが子供達は元気に遊びまわってますね。

大人はついお家でぬくぬくしがちですが、図書室を暖めてお待ちしてますので是非来てくださいね☺️

2月は普段の読み合いを行います。

選んだ本を3人組で読みあって、そのまま自由にお話したりお茶を飲んだり…の、のんびり気ままな時間をお過ごしください☕︎

 

それから、次次回のお知らせも少し📢

3月14日ののんきみちでは、

特別企画✨神明ママで絵本作家をされている、かじりみな子さんがお話してくださいます!

かじりさんは、普段ののんきみちにも参加して下さる、とてもフレンドリーで可愛らしい方です🌷

是非この機会に、現役絵本作家さんとの出会いを😊

 

それではまずは2月📚おいしいお茶とお菓子を用意してお待ちしてます☕️

 

 

📕ブックリスト〜第11回のんきみち〜

f:id:easy2going:20190116132732j:image①いいから いいから

作:長谷川義史

出版社:絵本館

★おじいちゃんのゆるさと、ユニークな内容にほっこりする

☆おじいちゃんの「いいから いいから」のゆるさがほっこりしました。

 


f:id:easy2going:20190116132741j:imageスイミー

作:レオ・レオニ 訳:谷川俊太郎

出版社:好学社

★教科書で読んだ話を、大人になって改めて読んでみよう。

☆読んでもらうことで、 絵のきれいさをじっくり見ることが出来た。 辛い思いをしても勇気とアイディアで新しい世界を見つけることが 出来るという前向きになれる本でした。

 


f:id:easy2going:20190116132748j:image③60秒のきせき 子ネコがつくったピアノ曲

文:レズリア・ニューマン 絵:エイミー・ジューン・ベイツ 訳:小川仁央

出版社:評論社

★タイトルに惹かれて・・・。頭でなく、 感覚で奏でてもいいんだ・・って、 またピアノを弾きたくなるような絵本との出会いでした。

☆絵がドラマチックで、お話と絵が合っている。 差別や社会の流れと、違う立場の者がどう自分を表現するのか?! 芸術の力を感じる。

☆ 子ネコが作った曲をきちんと「曲」と見てくれた社会に安心しました。 絵がとてもキレイでした。

 


f:id:easy2going:20190116132817j:image④おおきなおなべ と ちいさなおなべ

文:二宮由紀子 絵:石倉ヒロユキ

出版社:福音館書店

★2つのなべのやりとりがとても楽しそう。 なんだかんだと言いながら、最後は仲良し。 子どもみたいでほっとしました。

☆2種類のおなべが、自分の良さをアピールし合いながら、 相手を見下しながら(ジョークっぽく)も、 こういうものを作っていくのがおもしろい!!

☆大きいモノと小さいモノ、 比べると良いところ悪いところが見えてくるけど、 それも個性と思うとすばらしい!!

 


f:id:easy2going:20190116132856j:image⑤オルゴールのくるくるちゃん

作:こみねゆら

出版社:講談社

★ オルゴールとお人形の絵がアンティーク調でおもしろそうだと思っ た。

セルロイドのお人形が悲しくて、特性を活かした旅。最後はHA PPYでホッとしました。絵がとてもキレイでした。

☆とってもステキな本でした!!はっとさせられるシーンがあり、 考えさせられました。

 


f:id:easy2going:20190116132907j:image⑥ちくわのわーさん

作:岡田よしたか

出版社:ブロンズ新社

★関西弁をしゃべるちくわさんと、 最後の終わり方がうれしいお料理が出てくる。

☆文章が関西弁になるだけで耳に心地よく、 楽しい気分になります。まさに読み聞かせにピッタリ! 最後におでんになるために帰る場所があること、 仲間がいることが温かかったなぁ。

☆ちくわが語すだけでも笑える楽しい本でした。 ちくわがおうちに帰ったとたん、あったか― い気持ちになりました。

 


f:id:easy2going:20190116132918j:image祇園精舎

絵:山本孝 編:斉藤孝

出版社:ほるぷ出版

★中学生の頃、暗記したけど、どんな内容だっけ? 迫力ある絵もすきです。

☆中学生の時に出会っていたら、 古文のやる気がアップしていたのかもと思いました。 中学生向けにこういった絵本がたくさん出てほしいと思いました。

☆思わず昔の記憶を辿って暗記にチャレンジしてしまいました( 笑)結果は玉砕・・・。でも時間がたっても覚えていて、 耳に心地よく、語り継がれる理由がわかりました。

 


f:id:easy2going:20190116132934j:image⑧見つけてくれる?

作:松田奈那子

出版社:あかね書房

★絵もお話も大好きです。柔らかで伸びやかなタッチの絵と、 鮮やかで生き生きとした自然の絵。 お姉さんになった女の子の気持ちがいじらしい。

☆絵がキレイで心に残るステキなタッチでした。 上の子がお姉さんになったばかりなので、 上の子目線でキュンキュンしました。やさしくしてあげよう。。

☆女の子の「赤ちゃんを抱きたいうれしい気持ち」と「 お姉ちゃんになる寂しい気持ち」が繊細に描かれていて、 母としてなんとも言えない気持ちに・・・。

 


f:id:easy2going:20190116132946j:image⑨ふゆめ がっしょうだん

文:長新太 写真:冨成忠夫、茂木透

出版社:福音館書店

★寒い冬の中、一生懸命春に向かって準備している木の芽に感動! !ゆっくり見つめてみたい。

☆顔が春にどうなるのかすごく気になる! 冬芽を探しに子どもと散歩したくなりました。

☆芽がこんな風になってるとは知りませんでした。かわいかった。 木を探してみたくなります。

 


f:id:easy2going:20190116132958j:image⑩したて屋 リセロット

文:ナディーヌ・ウォルター 絵:カンタン:グレバン 訳:宮本佳枝

出版社:ひさかたチャイルド

★ 作る物がなくなってさびしそうなリロセットをみんなで元気づけて 、どんどん大物に挑戦していく姿が、 今の自分と重なって励まされました。

☆ 依頼されると工夫をしながら気に入ってもらえるように作るリセッ トに感動!

☆豊かな色と、それぞれの動物にピッタリの服に満足感の得られる 1冊!リロセットの表情がかわいい。

 


f:id:easy2going:20190116133028j:image⑪かしの木の子もりうた

原作:ロバート・マンチ 文:細谷亮太 絵:いせひでこ

出版社:岩崎書店

★ 年齢が上がっていくにつれて子どもは大きく変わっていくけれど、 お母さんは変わらないところがいいな・・・と思いました。

☆今日は泣くまいと思って来たのに、泣かされました。 初心にかえりたい時に読むといいかな。

☆しっとりステキな絵本。読んでもらうとまた心にグッと来ます。